眼科トップ眼科ニュース
一覧へ戻る

ドライアイについて 2006/12/22

■ドライアイってどんな病気??

目が乾くために、不快な症状が現れるドライアイは
涙液の減少あるいは質的な変化により目の表面に障害を生じる疾患です。
涙が足りないと涙の役割が低下するのです。
目は乾いて傷つきやすい状態となり、重症になると目の表面に無数の傷がついている場合もあります。
もちろん細菌も入り込みやすい状態です。



■なぜドライアイになるのでしょう。
涙は瞬きによって網目状の薄い膜になり。いつも眼の表面を覆って乾燥、あるいはゴミや細菌などから眼を守っていますが、涙が不足したり、涙が十分あっても
まばたきが少なかったり、コンタクトレンズやアレルギー性結膜炎はドライアイと深く関係しているといわれています。




■ドライアイになったら・・・・

●ワープロ・コンピュータ作業は休息が必要
リラックスを心がけ、眼が疲れたら休ませましょう。

●なるべく上をみない
テレビやワープロの画面は眼より下方に置くようにしましょう。

●見やすい環境を作る
机は直射日光を避けて、反射しないような場所へ起きましょう。

●部屋の湿度を保つ
加湿器やぬれタオルを干すなどして保湿に注意しましょう。




一覧へ戻る
Copyright(c)2003 Inomoto